• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

虫歯のできる仕組み

虫歯にならないようにと、嫌がるお子さんにムリに歯磨きをさせた経験はありませんか? 嫌がる子供を押さえつけて、なんてことも…。 無理やり口の中に異物を入れられる、押さえつけられて逃げることができない、などの経験があれば、歯磨き=怖い、イヤなこと、という図式が出来上がってしまうのも仕方がないことですよね。 続きを読む

子供は歯磨きが嫌い?

お子さんにとって歯の役割は、食べ物をかみ砕き消化を助けること以外にも、発音を助け発語を促すこと、そして顔の形を整え、あごの発育を助けることなどさまざまあります。
生後6か月くらいから生え始め、全部で20本、生えそろうのは2歳半ばころになります。
乳幼児のころは唾液の分泌が盛んなため、口腔内は虫歯になりにくい環境になっています。
でも、だからと言って、少量ずつだらだらと食べ物を与えてしまうと、虫歯の原因となります。
乳歯は特に軟らかいため虫歯になると進行が早く、あっという間に大きな虫歯になってしまう特徴があるので注意する必要があるのです。

虫歯は、口の中のミュータンス菌などの虫歯菌が、ショ糖などの糖質を餌にして分泌する酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことから起こります。
生まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在していませんが、世話をするママやパパから、唾液を通じて移り住んでしまうことで感染してしまうのです。
一度感染してしまった虫歯菌は、唾液に含まれる糖タンパクから作られるネバネバした「ペリクル」という物質に住みつき、歯に付着することで「歯垢(プラーク)」を作ります。
体温と同じくらいの温度があり、水や栄養を蓄積することができる「歯垢」の中は、虫歯菌にとって快適なため、口に入ってくる糖質をどんどん摂取して、酸を量産してしまいます。
また、「歯垢」は、唾液の分泌だけでは洗い流すことが難しいので、ブラッシングをして落としてあげる必要があるのです。
つまり、歯磨きは虫歯予防の第一歩なわけですね。
嫌がらずに歯磨きをはじめ、予防歯科をお子さんが受け入れてくれるように促す方法をまとめました。

おすすめリンク

歯磨きを実際にやってみる

乳歯が生えてくる頃は子供の興味の範囲はどんどん広がっています。 周りにいる大人のマネを、ごっこ遊びの要領で楽しむようになります。 そんな時に、パパママが、実際に歯ブラシを使っているところを見せてあげたらどうなるでしょう。 歯ブラシを使って歯磨きごっこを始めたりすると、自然となじむことができそうですね。 続きを読む

安全に歯磨きができるためには

子供用の歯ブラシであっても、材質は固いし長さもあるので、もしも口にくわえたまま転んだり、どこかにぶつかったりしてしまうと、口の中を傷つけてしまうことがあります。 6歳以下のお子さんが、歯磨き中に歯ブラシで喉をついてしまう事故は多く報告されています。 続きを読む